投稿

「明治への挑戦者」 1年 林晴己

イメージ
  「明治への挑戦者」 政治経済学部 経済学科 1年 林晴己(高川学園) こんにちは。 今回部員ブログを担当させていただきます。政治経済学部経済学科1年の林晴己です。 明治大学体育会サッカー部に入部し、早5ヶ月が経った。常に選手同士が追求し合うこの組織では、並の考えは通用しない。軽はずみな言動などできるはずがない。そんな組織に居れることに感謝し、自分を高めていく必要がある。その為、悩み、もがき続けているのが現状だ。 「お前がチームを勝たせろ」 高校在学時、監督に言っていただいた言葉だ。「なんとかなるやろ」「他の人がやってくれる」そんな甘い考え、立ち振る舞いを見透かされ言われたのだと今では感じている。ベクトルを自分に向けられていなかった私にはとても響く言葉だった。その時、今の自分ではチームを勝たせる事はできないとすぐに思い、この経験がサッカーに対する考え方を大きく変えさせるきっかけとなった。 当時の自分は、提示された事だけをし、プレーも細部にこだわっていない、こなしているだけであった気がする。 チームが勝つために逆算し、まずは自分が結果を出すことを常に考え、背中、声で引っ張る事をした。迎えた選手権では、チームの目標でもあったベスト4を成し遂げた。あの言葉がなかったらこの結果はなかったと、とても感じる。それと同時に、言われて気づくのもまだまだ自分の弱いところだと痛感させられた。 わがままな自分を成長させていただいた事に感謝し、次は自分の力で成長する。 己と向き合い、ビッグになった自分を、成長した姿を見てもらう為に、恩師の言葉は一生忘れない。 そして山口県から、高川学園から明治大学への挑戦者として、 失敗を恐れずチャレンジし続ける。 「明治を勝たせられる選手」になる為に。 まとまりのない文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。 次回の1年生の部員ブログ担当者は、矢板中央高校出身の藤井陽登です。 サッカー面ではGKとして安心感があり頼もしい彼ですが、ピッチ外になるといじられキャラでもあります。そんな彼の素晴らしいブログを是非見て下さい!

「う○こと努力」 3年 田中克幸

イメージ
  「う○こと努力」 商学部商学科 3年 田中克幸 (帝京長岡高校) こんにちは。 今回部員ブログを担当させていただきます。商学部商学科3年の田中克幸です。 まず初めに日頃より明治大学体育会サッカー部へのご支援、ご声援をして下さり、ありがとうございます。 う○こと努力って一緒? 皆さん、う○こと努力が一緒なんて考えたこともないですよね、、、 考えたくもないと思う人もいるかもしれません。 しかし、私はう○こと努力にはすごく共通する部分があったので、それについて書いてみました。 どこが共通するのか、、、 ・踏ん張ること 辛いこと、面倒なこと、苦しいことがあっても踏ん張り頑張ること。 ・毎日すること 努力とは毎日継続することで成果が得られる。 ・水に流すこと 水に流すことは、失敗や後悔を引きずらないこと。 ・その姿は誰にも見せないこと 発信することと見せることは別です。努力は人に見せるものではなく成果を見せるべき。 日頃からこれらのことを意識することで人は変われると思います。 目的を考え、その目的からの逆算をする。 小さいことの積み重ねが大きなものなる。 大きくするかどうかは自分次第である。 「やるかやらないか」 できるかできないかではない。 やるかやらないかが成果を出すために、そして、成長するために大事になる。 他人は関係ない。全ては自分次第。 もう明治に入り3年目を迎えた。 上級生となった今、今やるべきことは何なのか。明治大学体育会サッカー部の上級生とは何なのか。今まで以上により深く、考え、行動しなければならない。 現在、リハビリという立場ではあるが、チームの為に行動し、少しでもいい影響を与える。 チームを勝たせる選手になる。 そして、1月1日に新国立競技場で笑顔で今シーズンを終える。 まとまりのない文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。 これからも明治大学体育会サッカー部の応援をよろしくお願いします。 次回の3年の部員ブログ担当者は、前橋育英高校出身の倉俣健です。すごく頑固な彼ですがお辞儀は明治で1番、いや日本で1番深いかもしれません。しかし、サッカーになるとキレキレのドリブルで相手を抜き去り観ている人を楽しませてくれます。きっと彼ならブログでも楽しませてくれるでしょ!そんな彼の心のこもったブログを是非読んで下さい! 次回も是非読んでください。

「責任感」 2年 谷口弘樹

イメージ
  「責任感」 農学部食料環境政策学科 2年 谷口弘樹(兵庫県立豊岡高等学校) こんにちは。 今回部員ブログを担当させていただきます。 明治大学農学部食料環境政策学科2年マネージャー兼学連の谷口弘樹です。 自分がこの明治大学体育会サッカー部に入って約1年が経ちました。 この1年の中で途中から学連を兼任させていただくことになり、今まで自分が体験したことのない密度の濃い時間を過ごすことができました。 試合を運営する立場になることによって一つの試合を成り立たせるためには多くの準備が必要であることがわかりました。 今まで当たり前であったことが当たり前ではなくなり、誰かにとっての当たり前を準備する立場に学連を兼任することによって変わりました。 そんな学連としてリーグ戦の前期を終えて、自分の視野の狭さを痛感させられました。 ただ単純に仕事をこなす「作業」をするのではなく、より良い運営をするためにはどうしたら良いのか、そしてチームが問題なく試合に臨めるようにするにはどうしたらいいのかを考えることが必要不可欠だと痛感しました。 さらに学連を兼任することにより、他の大学の方との交流が増えました。そこで、大学サッカーにおける「明治大学」の存在の大きさに改めて気付かされました。 他大学からの明治に対しての評価は自分の思っていたよりも高く、 明治のサッカーとしての強さを求めるだけでなく、人間性の部分も求める姿勢が多くの大学に影響を与えているのだと感じました。 この評価が得られているのは過去の先輩方が作り上げてきたものだと言うことを感じ、そこで学連として自分が他の大学の方と多くやりとりをしているその責任感を強く感じました。 この自分に与えられた責任感を決して忘れず、目標としているタイトル奪取に向けて明治のために今できることを一生懸命取り組んでいきたいです。 全ては明治のために。 拙い文章ですが、最後までお読みいただき、ありがとうございます。これからも明治大学体育会サッカー部の応援をよろしくお願いします。 次の2年生の部員ブログ担当は富山第一高校出身の吉倉昇空です。普段はクールに過ごしていますが、ピッチに立つと人が変わり、熱い男に大変身します。得意のドリブルで相手を翻弄するのが特徴です。是非ドリブルだけでなく、華麗な文章にも翻弄されてください。 【過去のブログ】 「今の自分」 1年 谷口弘樹

「「決して消えぬ残像」「負けず嫌い」」 4年 赤井シャロッド裕貴

イメージ
  「「決して消えぬ残像」「負けず嫌い」」 政治経済学部 4年 赤井シャロッド裕貴 (帝京高校) こんにちは。 今回部員ブログを担当させていただきます、政治経済学部4年の赤井シャロッド裕貴です。 はじめに、日頃より明治大学体育会サッカー部へのご支援、ご声援をくれる関係者の方々に心より御礼申し上げます。 2019年2月から明治大学体育会サッカー部の一員として過ごしてきましたが、もう残り半年となりました。思い出を振り返りながら今感じていることを書いていきたいと思います。 「決して消えぬ残像」 この組織で日々過ごしていると、3年間でお世話になった先輩方の残像が色々な場面で出てくる。それはピッチ内外共にあり、チームが苦しい時、個人が苦しんでいる時、両方である。人間性がとても良くチームのことを自分のことの様に考えられる人達ばかりだったので、僕もあの人達のような人間になりたいと思う。いや、ならないといけない。自分を見失っても立ち戻れる所がこの組織にはある。 「負けず嫌い」 僕は今年の3月末に右足首を骨折し手術をすることになった。ラスト1年、今年こそ自分がこのチームを勝たせたいと言う思いとは裏腹に大怪我をしてしまう。病室でリーグ開幕戦の映像を見ていた。結果は0-4の惨敗、とてつもなく悔しい気持ちと自分に対しての怒りが芽生えた。「自分はこんな所で何をしてるんだ。早く復帰したい。」ただ、明治のみんなは絶対に立ち直してくれると信じて日々リハビリに励んだ。試合数を重ねる度にチームに一体感が生まれていき4年生が引っ張り、3年生が支える。2年生が繋がり、1年生が食らいつく。全員が1つの目標に向かって矢印を揃えて何とか前期を1位で終わってくれた。やっぱりこのチームは強いなと感じると共に誇らしく思った。 ただチームが勝つのは嬉しいが、その分悔しい気持ちが湧いてくる。早く復帰してピッチに立ち自分のゴールでチームを勝たせたい。今までの自分に負けたくない。後期リーグで前期の分のお返しをチームにして、リーグ戦を優勝したい。去年、一昨年と自分がインカレの舞台に上がったのにチームを負けさせたという記憶を消し去り、1月1日にインカレ決勝で最高の結果を残して卒業したい。 この4年間は長いようで短いと先輩方が口を揃えて言っていましたが、本当にあっという間で驚きました。 残り半年、死に物狂いで頂点を掴み取りたいと思

「漢」 1年 伊達由太嘉

イメージ
「漢」 情報コミュニケーション学部 情報コミュニケーション学科 1年 伊達由太嘉(柏レイソルU-18)  こんにちは。 今回、部員ブログを担当させていただきます。 情報コミュニケーション学部、情報コミュニケーション学部ー年の伊達由太嘉です。 2月10日に入寮してから、はやくも4ヶ月の月日が経った。初めて親元を離れての寮生活、監獄のような16人部屋、早朝6時からの練習など、新しい環境で日々濃い時間を過ごしている。 「藤田優人さんのような漢になりたい。」 自分は柏レイソルアカデミーに小学4年生から高校3年生までの9年間在籍した。 高校3年生時にユースのコーチとして明治大学体育会サッカー部のOBである藤田優人さんが就任した。藤田優人さんはメンタルが鋼より強く、とにかく熱い漢で、2013年のナビスコカップ決勝では試合中に負傷した右足からの低弾道クロスで、決勝ゴールをアシストして優勝に貢献している。現地で観戦していた時のあの瞬間は今でも目に焼き付いている。 藤田優人さんは自分と同じポジションの右サイドバックだったこともあり、熱心にご指導して下さった。クロスの蹴り方や練習メニューを考えて下さったり、人間として、サイドバックとして必要なことを教えて下さった。その中で1番印象に残っている言葉は、柏レイソルの解団式で頂いた言葉だ。 「自分の得意なことだけをするのは努力ではない、本当の努力とは自分の苦手なことに取り組むことだ。」 今の自分の1番の課題は運動量だ。明治のサイドバックの基準として、明治の三原則である運動量が圧倒的に足りない。運動量が足りないから、上下運動が足りず、攻撃時にはゴールに絡む場面が少なかったり、守備時にはゴール前で体を張る場面が少ない。まず、運動量を徹底的に鍛えて、「あいつどこにでもいるな」 「伊達は明治に欠かせない選手だな」 と思ってもらえるように日々努力していきたい。 そして、いつか1番尊敬している藤田優人さんと一緒のピッチで仕事ができるうよう4年間、選手としても、人間としても大きく成長し、藤田優人さんを超える漢になります。 初めての部員ブログで、まとまりのない文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。 今後とも、明治大学体育会サッカー部のご支援、ご声援のほどよろしくお願いします。 次回の1年生のブログ担当は、あのトルメンタで選手権を沸かせた

「日進月歩」 3年 金誠敏

イメージ
  「日進月歩」 情報コミュニケーション学部 情報コミュニケーション学科 3年 金誠敏(FC東京U-18) こんにちは。 今回部員ブログを担当させていただきます。 情報コミュニケーション学部情報コミュニケーション学科3年の金誠敏です。 はじめに、日頃より明治大学体育会サッカー部にご支援、ご声援をして下さるスポンサーの皆様、関係者の方々に心より御礼申し上げます。 私は明治大学体育会サッカー部に入部してからの2年半「明治」というものを知り、ピッチ内外においてその「明治」を全力で体現し、自らの成長に繋げようと自分なりに常に考え、もがきながら必死に取り組んできた。 3年生になり、上級生として日々の練習や試合の中でチームを引っ張っていくべき立場となった今、これまで自分が抱いていた明治の先輩像と今の自分とでは正直差があるなと感じている。 明治を引っ張る者は、どんな状況においても全力で、やるべきことを高いレベルで追求し、言動や行動で明治のあるべき姿を示し、下に伝えなくてはならない。 また、選手としても人間としてもチームに影響を与えられる大きい存在でなければならない。だが、自分が後輩の立場だったら今の自分のプレーや日頃の姿をみて、私が入部した時に上級生をみて感じたシンプルに「すごいな」という感情にはならないだろう。 今の自分の無力さや不甲斐なさを痛感するとともに、何が足りないのかを考えてみた。 「明治の基準」 栗田監督が常に求めるその基準とは、日本一の基準。いや、それよりもっと高い世界基準。 その高い基準で日々互いを高め合い、追求できるすばらしい環境が明治にはあり、その明治の基準を求めて私は仲間と切磋琢磨しながら努力している。 努力の繰り返しこそが成長に繋がると思っている。 しかし、その繰り返しの作業というのは一番大変で難しい事であると同時に、高い基準でやり続ける事が大切で、これまでの私は、自分の中の基準で努力をしていたのかもしれない。 自分基準の努力ではダメだ。 明治の求める遥か高い基準で努力をする事が今の弱い自分を変えるために必要で、これから先も明治が明治である為に必要なものであると思う。 自分の課題は明確である。その課題に勇気を持って向き合い、謙虚に直向きに努力し続け、日進月歩で成長して行こうと思う。 明治基準を存分に追求し、明治基準での努力をし続ける事が自分の目指す目標への

「広さ」 2年 木内達也

イメージ
  「広さ」 経営学部公共経営学科 木内達也(鹿島アントラーズY) こんにちは。 今回部員ブログを担当させていただきます。経営学部公共経営学科2年の木内達也です。 明治大学体育会サッカー部に入部して1年3ヶ月ほど経った。全部員がピッチ内外関わらず、全てにおいて実直に追求し続けるこの組織で、日々自らの課題にぶつかり、新たな気づきがある中で凄く濃密な時間を過ごさせて頂いている。 「幅」「深み」「影響力」 1人の選手として人としてまだまだ足りないことだらけだ。そんな中で先日、スタッフの方や上級生からこの3つについてご指摘を頂いた機会があった。自分のことだけに一生懸命になっていないか。ここまで来れば自分自身のことなんてできて当然のレベルである。その上で周りにどのような働きかけができるのか。チームへどのように良い影響を与えることができるのか。それが選手、人として自分自身の器の大きさだと思う。また、言われたことだけをこなしていないか。提示された事もそれはできて当然である。1を聞いたとき、その先にある物を読み取り10を生み出すことができているのか。それが考える力や深さに繋がってくると思う。これまでは何かをするとき全部1人でやろうとしたり、自分のことだけになったりして周りに何か発信することや伝えることをして来なかった。更に、言われたことは全うするために努力するが、それ以上を求めて考えたり取り組んだりするとこはして来なかった。そう考えると今までの自分がやっていることは幅が狭く、影響力も無いし考えも浅い。それは何となく自分でも分かっていたし、指摘を受けるのは今回が初めてではない。主体的に自分からアクションを起こし変化を出していかなければ今より成長するとこはできないし、より高いレベルに到達し目指している物を掴むことは叶わない。自分は何の為にここにいるのか。それはプロやその先にある目標を掴み取る為である。それには選手、人としてのより大きな成長が必要であり、日々の積み重ねが何より重要である。 「繰り返しに勝るものはない」 この明治大学体育会サッカー部での残りの期間は限られている。その中で代々受け継がれてきた明治の基準や自分自身の課題を、繰り返す日々の中でひたむきに追求し続け、選手として人としてより大きく成長し自身の道を切り拓く為に全力で取り組んでいきたい。 拙い文章でしたが、最後まで読んでい